送別会の幹事になったら花束と寄せ書きはどうすれば?余興はどうする!

公開日: 

3月になると退職や異動などで、
送別会が多くありますよね。

 

そんな送別会の幹事になることが
誰でも1度や2度はあると思います。

 

ただ送別会の幹事は、
普通の飲み会のときにやる幹事とは
全然違います。

 

何が違うかというと、
送別会の場合は、
主役がいるので、
この方への気遣いが必要になります。

 

でも初めて送別会の幹事を任されたときに、
何をどう準備しておけばいいのかをお伝えしていきます。

スポンサードリンク

 

送別会の幹事になったら花束はどうすれば?

 

送別会の幹事になったら、
お店の手配、参加者への出欠確認などをしていきますが、
もう1つ必要になるのが花束の手配です。

 

そもそも花束の大きさは、
どのくらいのものがいいのでしょうか。

 

そこで考えておくべきポイントは2つ。

 

1つは、送別会の主役が花束を持ち帰ることを考えておきましょう。

 

というのも、
花束をもらった方は、
電車で帰るときかなり恥ずかしいです。

 

それに荷物も予想外に多かったりしますので、
できるだけコンパクトなものを選ぶといいでしょう。

 

最近では、フラワーボックスという
箱の中に花びらを入られた花束もあるので、
こちらを多用している幹事さんも多いです。

 

 

 

2つ目のポイントは、隠しやすさです。

 

どういうことかというと、
送別会の場で、
主役に花束を渡すのは、
宴会の終わりの方ですよね。

 

これは私の体験談ですが、
花束を保管しておく場所がなかったらしく、
部屋の端の方にカバンで隠している花束が目に入ってしまいました。

 

しかも送別会が始まって数分という最初のタイミングだったので、
知らんぷりをするのが大変でした。

 

そのようなことがないよう、
ある程度、小さめの花束にしておくいいかもしれませんし、
花束を預かってくれる飲食店を探すと良いかもしれません。

 

そして花束はいつ買えばいいのかですが、

これは当日に、
幹事さんが前もって買いに行くのもいいですし、
アマゾンや楽天で数日前に買っておいて、
会社へ発送するでもよいかと思います。

 

ただその際は、フラワーボックスの方が目立ちません。

 

ちなみにフラワーボックスは、
いろいろな種類があるので、
予算と内容で吟味してみましょう。

 

Azurosa(アズローザ) プリザーブドフラワー ギフト ボックス 枯れない花 フレグランスソープ ミックスカラー

ソープフラワー 創意方形ギフトボックス 誕生日 母の日 記念日 先生の日 バレンタインデー 昇進 転居など最適としてのプレゼント

もし幹事であるあなた一人で決められない場合は、
こちらのURLを同期にメッセンジャーなどで送って、
見てもらってアドバイスをもらいましょう。

 

送別会の幹事になったら寄せ書きはどう準備すればいい?

 

寄せ書きって結構大変なんですよね。

 

 

色紙を買ってきて、
それを1人がコメントを書きこんで、
書き終わったら送別会の主役にわからないように、
次の人へ寄せ書きを回すといったように苦労があります。

 

私なんか一度寄せ書きを回すタイミングを間違えて、
主役にバレそうになりました。

 

また寄せ書きを書いている同僚が、
風邪でお休みをしてしまい、その同僚の元で寄せ書きが
3日ほど止まってしまったことがありました。

 

結果として、全員がコメントを書くことができずに、
当日、送別会の場で、寄せ書きを書いていない人が、
雑に書くといった悲しい事態になったりします。

 

でも最近の寄せ書きは変わりました。

 

例えばこちら。

 

ミドリ カラー色紙 シール付 半透明 風船柄 33211006

スポンサードリンク

寄せ書きの台紙にコメントが書かれたシールを
貼っていくものが人気です。

 

 

これはすごく便利なんです。

 

 

何が便利かというと、
寄せ書きを回さなくていいことです。

 

幹事はコメントを書いてもらいたい人にシールを渡して回収するだけで、
寄せ書きが完成します。

 

ただ普通の寄せ書き用色紙は、150円ぐらいですが、
上記の寄せ書き台紙は500円ぐらいしますので、
ちょっと高いですね。

 

でも幹事が負担するのではなく、
最終的に参加者全員で割りますので、
多少高い1500円ぐらいの寄せ書きでも大丈夫でしょう。

ちなみに他にもこんな種類もあります。

 

こちらは会社の幹部向けでしょうかね。
通常よりもメッセージを豊富に書けるものです。

ミドリ バインダー 寄せ書き帳 手紙 ピンク 33221006

続いてこちらは、ややコメディータッチですね。
ユニークで笑いが取れます。

アルタ 色紙 寄せ書き ひっぱれ!集合写真 学校編 AR0819083

 

送別会の幹事になったら余興の準備はどうすれば?

 

送別会は、必ずしも余興は必要ではありません。

 

皆で楽しくその場で飲んで、
あんなことがあったね、こんなことがあったねと
主役を囲んで話すのが一番の目的ですので。

 

ただ余興があると盛り上がることは必須です。

 

でも忘年会のような余興をやっても仕方がありませんので、
主役を喜ばせる余興を選びましょう。

 

ではどんな余興が送別会には合っているのでしょうか?

 

1つ目は、ビデオレターをプロジェクターで投影

 

これはもう鉄板ですね。
例えばこちら(※音が出ます)

主役にお世話になった方からの感謝の言葉を動画にして、
ムービーメーカーでつなぎ合わせて、
小田和正のBGMをバックに当日投影するものです。

 

ただ時間がかかるため、
上記の動画のように、

 

メッセージを紙に書き、
メッセージを書いた人を撮影して、
幹事に送ってもらう。

その画像を幹事はムービーメーカーで
動画にしていくというのが非常に効率的です。

 

本当は、
写真ではなく、メッセージを言ってもらう動画の方がいいのですが、
これはやめた方がいいです。

 

なぜなら、
動画1つ1つがかなり大きいので、
送受信で時間がかかるのです。

 

スマホカメラで動画をせっかく撮影してもらっても、
スマホからどの動画を送ろうと思ったら、
数時間かかったり、受け取るときも数時間かかったりするからです。

 

なので上記のような画像でやり取りをしていく方がかなり無難です。

 

2つ目は、主役に関するクイズです。

 

送別会では、
あくまでも主役に関する余興をやらないと
場が白けます。

 

ダンスや歌などもいいですが、
主役と全員が絡む余興がベストです。

 

そこで、
主役に関するクイズは
結構、盛り上がります。

 

例えば、

「●●さんが1度だけ会社に泊まったことがあります。それはどんなときか?」

「●●さんが最も激怒した出来事とは?」

「●●さんが実は感謝しまくっている男性は?」

 

というように、
主役が会社の誰かと絡んだときに起きた出来事をクイズにすると
非常に盛り上がりますし、
主役から当時のことを思い出しながら答えを言ってもらうときなど
参加者がわきます。

 

「え!あのときっすか!」

「それは知らなかった!」

 

という感じになります。

 

これは私も経験がありますが、
非常に一体感が出ました。

 

ただ1点だけ注意点としては、
主役の個人的なクイズにしてはいけないということです。

 

例えば、

「●●さんが好きなランチとは?」

「●●さんが好きなラーメンは何味?」

といったクイズですね。

これはあんまり盛り上がりませんでした。

 

幹事の仕事としては、
事前に主役にアンケートをとっておき、
それをA3の紙に印刷して問題として出題できる準備をしておきましょう。

答えは、主役本人が言ってくれるので、答えの印刷などは不要です。

 

3つ目は、主役が若い頃の写真当てゲームです。

 

このゲームは、
ある程度主役の方の年齢が高い場合に盛り上がるゲームです。

 

主役の昔の写真(できれば複数人写っている写真)を探して、
それをスライドショーで投影して、
クイズにしていくのです。

 

ただ、主役に直接、昔の写真をくださいといっても、
持っていないことが多く、周りの同僚に聞いても持っていないということが多々ありました。

 

なので、写真をもっている方が多い場合にやってみるといいかもしれません。

 

まとめ

 

以上のように、
送別会の幹事は準備が大変だと思ったかと思います。

 

そうなんです。

 

送別会は、
通常の宴会や飲み会とは異なり、
ただお店の手配をすればいい、
ただ参加者の出欠をとればいいというわけではないんです。

 

送別会は、参加者と主役をどう喜ばせるかといった工夫が
幹事に求められるため、それを意識できるかで会の出来が変わってきます。

 

私も何度もやってますが、
非常に大変です。

 

通常業務の合間にやるので、きついのですが、
当日の送別会の主役が喜んでいる顔を見ると非常に嬉しくなります。

 

あなたも是非、そんな体験をしてみてください。

 

送別会終了後に、
主役からだけじゃなく、全員から感謝されますよ。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑