恵方巻きの簡単で美味しい具材や巻き方とは?

公開日: 

 

恵方巻きは買って食べるという人も多くいますが、
家で作ることもできます。

 

買った恵方巻きは、
確かに見た目が美しくておいしそうですが、
家で作る恵方巻きも愛情がたくさんこもっていておすすめです。

 

簡単においしくいただける恵方巻きの作り方について、
ご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

恵方巻きの簡単で美味しい作り方とは?

 

家で作る場合には、
家族の好きな具材を合わせて作れる
というメリットがありますよね。

 

簡単な恵方巻きを作ってみましょう。
恵方巻きを作る時にはご飯を炊いて寿司飯を用意します。

 

次に恵方巻きの具材を用意しましょう。

 

例えば、エビやキュウリ、
卵焼きなどを入れるというところも多いといえます。

 

茹でたり焼いたりしたら食べやすくカットするなどして
具材を用意しましょう。

 

そして、のりを用意してご飯や具材を乗せたらそのまま巻いていきます。

 

巻き終わると恵方巻きが完成します。

 

家でも、
とても簡単に恵方巻きを作ることができますので、
いつも買っているという場合には、
今年は家で作ってみるのもおすすめです。

 

恵方巻きが簡単にできる具材は?

 

色んな具材を選んで入れたりすると、
恵方巻きがとてもボリューミーでおいしくなります。

 

しかし、できるだけ簡単に手作りの恵方巻きを作りたいという場合には、
次の具材を使うととても簡単に恵方巻きができます。

 

まず、カニカマ、そしてキュウリと
カイワレダイコン、そして卵焼き、エビです。

 

まず、カニカマを細かく割きましょう。

 

 

包丁を使ってカットしてもいいですし、
そのまま手で半分の半分の半分…としていくのが簡単です。

 

そして、キュウリを細長くカットして食べやすく切ります。

 

卵焼きは薄く焼いて細くしておくといいですよね。
包丁で食べやすくしておきましょう。

 

海苔の下にラップを敷いて巻く時に使うようにすると、
すぐに片づけられるので便利です。

 

 

また、巻きすを使う場合も、
海苔と巻きすの間にラップを敷いておくと片付けが楽です。

スポンサードリンク

 

海苔の上の寿司飯を置き、
真ん中あたりに具材を置き、
カニカマやキュウリ卵焼き、
エビ、カイワレ大根を適量載せマヨネーズを入れます。

 

 

 

そして、
その上にさらに寿司飯を置いて、
全体を軽く押さえながら、
形を整えましょう。

 

ある程度形が整ったら、
後はラップや巻きすで巻いていきます。

 

ノリを適度な力を入れながら、
全体的に包んで出来上がりです。

 

恵方巻きの簡単な巻き方は?

 

手作りの恵方巻きを巻く時には、
仕上がりができるだけよくなるようにしたいですよね。

 

 

でもなんだか巻いてみたら不格好。。。

 

という場合には恵方巻きのポイントをふまえることで
簡単に美味しそうな恵方巻きを作ることができるのです。

 

そこでそのポイントをご紹介してみたいと思います。

 

まず、中身の具材をてんこ盛りにしないようにしましょう。

 

 

たくさん中身がありすぎると食べる時にも具材が飛び出てしまって、
完成した時もちょっとな…ということになりやすいのです。

 

恵方巻きの簡単な巻き方については中身を少なめにして、
酢飯も均一になるようにのせましょう。

 

具材は詰め過ぎず、
海苔の端まで酢飯をおかないようにしましょう。

 

また巻きやすいように、固い食材は手前に置いて軸にしましょう。
巻きすを使うと簡単ですが、
家にないという時にはラップをつかえばいいですよ。

 

まとめ

 

恵方巻きは、子供と一緒に作るのが
お手伝いにもなるし楽しさもあると思います。

 

小学校ぐらいのお子様がいる場合は、
手巻きパーティーの感じで、
一緒につくるのがおすすめです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑