節分の飾りはいつからいつまで?期間はどのくらい?

公開日: 

 

節分の飾りといえば、
鬼の面などがありますが、
古来日本の風習では全く別のものを
節分の飾りとしていたことをご存知ですか?

 

今回は本当の節分の飾りと、
その飾りをしておく期間をご紹介します。

 

節分の飾りはどんなもの?

 

節分は昔からある風習で、
季節分けという意味があります。

 

そして節分には、
葉のついた柊(ひらぎ)の枝に、
焼いたイワシの頭を刺したものを玄関先に飾ります。

 

 

このように、
イワシの頭がついた柊は、
柊鰯(ひらぎいわし)とよばれているそうで、
柊鰯を玄関先に飾ることで魔除け効果があるといわれています。

 

この魔除けというのは、
魔物除けというより【鬼よけ】という意味で、
鬼は臭いのある物や尖った物などが苦手とされていたそうで、
玄関先に柊鰯を飾ると鬼が入ってこれないという意味があったそうです。

 

ひらぎいわしは、鰯(いわし)の頭の部分を
葉の付いた柊(ひらぎ)の枝にプスッと刺して作ります。

 

20センチくらいのもので、
こんがりと焼いた鰯の頭を使います。
焼かないとダメみたいです。

 

丸ごと鰯を買ってきて、
夕飯ついでに一匹こんがりと焼いて、
頭を切り離したものを使うと簡単ですよね。

 

以前までは、本物の柊鰯が使われていましたが、
マンションも多くなった昨今では、
実際に柊鰯を飾ることができる環境が減ってしまいました。

 

そこで、
折り紙で作った柊鰯などを玄関先に飾る人も増えているといわれています。

 

節分の飾りはいつから?

 

節分には昔から柊鰯を飾る風習があります。

 

でも最近は別のもので柊鰯を作るという家庭もありますが、
季節の節目である節分に柊鰯を飾ると魔除け効果があるといわれているのは、
さきほどご紹介した通りです。

 

スポンサードリンク

 

そんな柊鰯ですが、
いつから飾ればいいの?
という人もいるのではないでしょうか。

 

この点については特に決まりはないようなのです。

 

でも柊鰯は節分に飾るものとされているので、
無難に2月3日に飾っておくといいそうです。

 

その日に飾って、
節分のイベントを行った後に取り外すというのでもいいのです。

 

近所の家が飾った頃に飾り始めるというのでもいいのです。

 

そして、外し始めたら外すというようにすることも多く、
そのため、飾りをいつから始めるのかということについては、
地域によっても違っているということといえます。

 

つまり、
節分飾りはいつからなのかという点については特に決まりはなく、
近くの家などを参考にして決めていくといいといえます。

 

節分飾りの期間はどのくらい?

 

柊鰯を飾る節分飾りについては、
いつから飾り始めるのかという点については、
明確な決まりはないということでした。

 

では節分飾りの期間はどのくらいなのでしょうか。

 

節分飾りの期間についても、
明確な決まりはないといわれていますが、
柊鰯を玄関先に飾る期間としては、

1月16日~2月3日の間

という人もいます。

 

飾った柊鰯を外す時期も地域によって変わってくるようで、
節分の日が終わったら柊鰯を外すというところも、
2月末までというところも、
ひな祭りまで飾っておくというところもあって様々でした。

 

そこで、
近くの家などを見ながら周りが飾り出したら飾りだして、
外し始めたら外すということでいいともいえます。

 

また2月3日だけ飾るという場合もあり、
それを過ぎて飾ってもよしということといえます。

 

基本的には、
近所の家が柊鰯を外し始めたら自分の家も外す頃として
判断するというのでいいといえます。

 

このように、
柊鰯を玄関先に飾る期間については、
地域によって異なっていて、
特に決まりはないといえます。

 

まとめ

 

以上に節分といっても、
単純に鬼の面を付けて豆まきをするというものではなく、
いわしなどの古来日本の風習をしっかりと家でやれると、
また違った趣が味わえそうです。

 

 

最近、このような節分の飾りも見かけないという意見も多いと思いますが、
日本の文化をちゃんと家庭でやるってなかなかいい物かもしれませんね。

 

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑