子供会のゲームは座布団と新聞紙と段ボールがおすすめ!

公開日: 

クリスマスなどで子供会が行われますが、
身近にある座布団や新聞紙、段ボールで、
非常に楽しいゲームをすることができます。

 

子供会で美味しいご飯を食べた後は、
今からお伝えするゲームで楽しくコミュニケーションを取れると
友達も一気に広がることでしょう。

スポンサードリンク

 

子供会で座布団を使うゲームはコレ!

子供会のイベントで、
座布団を使ってみんなが楽しめるゲームが2つあります。

 

<1つ目>

わいわいとして雰囲気で楽しいのが、
座布団いす取りゲームです。

 

椅子取りゲームと同じように、
座布団を使ってできて、盛り上がります。

イスと違って座布団は片付けも簡単なのがメリットです。

 

また公民館や児童館などでは座布団は常備されているので、
用意がしやすいのもメリットでしょう。

 

<2つ目>

さらに座布団を重ねた上に正座して、
座布団を1枚ずつ引き抜いてもらって楽しむ
「座布団のダルマ落としゲーム」も盛り上がります。

 

座布団に座っている人が、
上手にバランスを取りながらジャンプして、
最初に座布団を引き抜き終わったチームが勝ちというゲームです。

 

ゲームをしている人だけでなく、
周りも盛り上がるのもとても楽しいゲームです。

 

ポイントは、
座布団が崩れてしまったら、
最初からもう一度スタートさせるルールにすることです。

 

これがあると逆転が起こりやすく、
非常に応援に熱が入ります。

 

このような座布団のダルマ落としゲームは、
応援をしている周りの子どもや大人たちも盛り上がれて、
子供会で座布団を使うゲームとしてとてもおすすめのゲームです。

 

 

 

子供会で新聞紙を使うゲームはコレ!

 

新聞紙も手軽に入手できて、
子供会で行うゲームに使えるアイテムです。
代表的なゲームを2つご紹介します。

 

<1つ目>

新聞紙を丸めて作った棒を、
どれだけ長くすることができるかを競って楽しむ
新聞紙のタワーゲームというのがあります。

 

一番高い新聞紙のタワーを作れたチームが勝ちです。

 

ゲーム開始前には、作戦タイムがあり、
チームのみんなでどんなふうに高くするかを話し合って作戦を立てます。

 

準備するものは、
新聞紙の朝刊一日分やセロハンテープを各チーム受け取って競います。

 

<2つ目>

広げた新聞紙の上に乗って新聞紙を次々と半分に折っていく、
新聞紙に乗り続けるゲームも盛り上がります。

スポンサードリンク

 

やり方ですが、
まずグループ分けをします。

 

そのグループの全員が新聞紙に乗り、
全員が乗れたら新聞紙をどんどん半分に折り畳んで、
全員で乗ります。

 

全員乗れたら、
さらに新聞を半分に折りたたんでいくというように、
だんだんと新聞紙を小さくしていくと、
どこまでみんなで乗れるかということになって盛り上がります。

 

全員が乗れた新聞紙の面積が一番小さいチームが勝ちです。

 

 

子供会で段ボールを使うゲームはコレ!

子供会で段ボールを使うゲームでおすすめなものが2つあります。

 

<1つ目>

段ボールの中身あてゲームです。

 

このゲームは、
ダンボール箱の1面をサランラップなどで、
透明にしておきます。

 

中身あてゲームをやる子供には、
中身が見えないようにアイマスクなどをしてゲーム開始。
段ボールの中には、ぬいぐるみなどを入れておきましょう。

 

そして、チャレンジした子どもが触れるようにしたりしながら、
中身は何かを考えたりしている様子を楽しみます。

 

ぬいぐるみの他にも、
タワシや果物などいろいろ準備しておきましょう。

 

司会の方がヒントをうまく出してあげると、
進行もスムーズになります。

 

 

<2つ目>

段ボールで作ったネコやイヌなどの口の中に、
段ボールで作った円盤を投げて入れるゲームも盛り上がります。

 

5チームくらいで競いながら、
円盤が一番多く入ったチームが勝ちというゲームです。

 

応援をする方も、
ゲームに参加している方も楽しいゲームです。

 

ゲームで使う円盤は、
2枚の段ボールを貼り合わせて作ります。

 

準備の段階から一緒に楽しめて、
子どもたちも楽しく作ることができます。

 

1チームにフリスビーを10枚くらい渡して、
チームのメンバーが一枚ずつ交代で投げて
トータルの成績を競って楽しみます。

 

 

まとめ

以上のように、
座布団、新聞紙、段ボールなど
身近にあるものを工夫すれば、
非常に楽しい時間を過ごせます。

 

ポイントは、大勢が参加できるゲームであることです。

 

また身体を使う、頭を使う、そして身体を使うといったように、
ずっと動き回るゲームは疲れてしまうので、
交互にゲームを組み立てておくと長い時間ゲームを全員参加で
楽しめます。

 

私がやった感想としては、
新聞紙のタワーゲームは小さい子がいると、
あまりうまくいきませんでした。

 

逆に小さい子も楽しく参加できたゲームは、
新聞紙を折り畳んで乗るゲームが全員参加で楽しかったので、
集まる子供の年齢に応じてゲームを切りかえていきましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑